2019.07.01

「いきものCo.」、始まります。

いきものCo.のコンセプトは、「いきものと生きるひと」。

種苗・農業、畜産業、水産・漁業、林業・木工・製紙、花卉、狩猟・採集、繊維・染色、醸造・発酵、肥料・堆肥、漆やゴム、香料、着色料、医薬品原体、そして、石油や石炭といった資源も。

あらゆるものが、「生命(いきもの)や、そのチカラ」を借りています。

私たちは日々たくさんの生き物と直接的・間接的に関わり、生態系の一部として生きているのです。

美味しく食べている食べ物は、もちろん「命を頂いて」います。当たり前に使っている道具や素材も、生き物が生み出したものであったり、生き物の形状や特性から気付きを得たものばかり。

でも実は、私たちは生き物のことや生態のことを深く知りません。知っていたはずのことも失われていたり、むしろ疎遠になっていて、対話や気付きが減っているようにも感じます。

私たちがエコ(エコロジー、生態学のこと)や、生物多様性や、持続可能性に向き合い始めてから、しばらく経ちます。

生活やビジネス(事業、産業)は社会の一部であり、社会は環境の一部であり、それぞれが世界を形づくる別の構成要素ではないことに、多くの人が改めて気付き始めています。

環境と社会と産業をつなげていくことは、隣人である「生き物たち」と向き合い、対話と循環の中で「生態系を構築し直す」ことです。

いきものCo.は、人がもっと生き物や生態系に関心を持ち続け、もっと深く、丁寧に関わり続ける仕組みをつくる「生態系デザインカンパニー」となります。